2011年05月24日

価格に負けない中小企業のお店作り・商品作り キラーブランド構築セミナー

第12回岡山桃太郎ビジネスアカデミーセミナー

 大手の安売りに負けない中小企業のお店作り商品作り 
         キラー☆ブランド構築セミナー

あなたのお店の目の前に大手ディスカウント店が出店してきた時・・・
        あなたは目指すべきお店作りとは一体何だろうか?



       想像してみて下さい。

あなたの会社・お店の近所に大手上場企業が進出してくる。
しかも商品は価格も安くて品質も悪くない。売り場面積も何倍もある。
今回のセミナーは中小企業にとって絶体絶命な場面を
乗り切ったある男が主人公です。



こんにちは!いつも、ありがとうございます。
岡山桃太郎ビジネスアカデミーの川野紀行です。
今回のセミナーの講師は小阪裕司先生の
ワクワク系マーケティング実践会で実践家として知られる岸★正龍さんです。


岸さんは名古屋で若者に絶大な人気を誇るアイウェアブランドを
構築された方でその実践ノウハウをフォレスト出版で
『超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から』
『180日でお客&マスコミが殺到する!ただ儲かるだけじゃない。
儲かり続けるための完全版!キラーブランドマニュアル』を
出版されているのでご存知の方も多いかもしれません。
                              

冒頭の話は岸さんが実際に乗り越えられた話です。

実は僕も岸さんに比べると全く違う次元の話ですが、
創業して間もない頃、近所のスーパーに電気を当ててくれるイスを
販売している会社が来たときにすごく患者数が落ち込んで
このまま一生こんな状況だったらどうしようと落ち込んだことがあります。
その会社は無料で電気を当てるイスに座らしてくれるんです。
無料なので近所の人が殺到するんです。


今では、その頃に何をすべきか色々と考えられますが、
その時は絶望のふちに立たされていました。
まして岸さんは大手ディスカウント店。
戦略作りやダイレクトレスポンスマーケティング、
色々な実践をしてこられた岸さんでも、
吹き飛ばされるような不安を感じられたに違いありません。


これは、どんな業種・業態でも自分のお店より安くて品質もいい
資金力のある会社が近所に進出してきたと想像したら
どなたでも同じ不安を感じるのではないでしょうか?


ちなみに僕はどうやって危機を乗り越えたか?というと
ただその電気治療イスを販売する会社は
すぐに違う地方にまた移動するんですよね。

だからじたばたしないで、自分らしさを失わないように気をつけただけでした。

僕の場合、運が良かったですが、
ずっとその状態だと根本的に色々なことを考えていかなければいけませんよね。



講師の岸★正龍さんからメッセージが届いています。
岸さんらしい熱いメッセージです。


           低価格に勝つ!
           大企業に勝つ!
         小さな会社の生き残り戦略


はじめまして。
モンキーフリップというアイウェアブランドを経営している岸といいます。
いま、名古屋の大須と京都の新京極に合計4店舗の直営と、全国50店舗、
海外は5カ国に卸をしています。どうぞよろしくお願いいたします。


僕は2004年に「超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から」という本を出版し、
小さな会社のブランディングについてセミナーや講演をしてきました。

そのなかで

「自分の店の前に、売場面積2倍で同じものを2割安く売る店ができても、
尚且つ自店を選んでもらってこそキラーブランド」と話していましたら、

言葉って恐ろしいですね。
2007年に自分の店の目の前に、二部上場の会社が進出。
僕が吐いた言葉通り以上の「売場面積3倍、価格3割安」という巨大店舗です。

正直、青くなりました。これでもう終りだと思いました・・・
カッコ悪いけど正直に言います。


それからの4ヶ月間、怖かったです。メチャクチャに、メチャクチャに怖かったです。
事実僕は、ドンドン精神的に追い込まれて、9月の頭には完全にスタッフに切れて、
「おまえらがそんな真剣じゃないんならもういい。店はドンドンたたんで、
一軒だけ残しておれがやる。そしたら細々だろうが、
おれだけは生きてけるからな」などとものすごく恥ずかしいことまで口走っていました。



だって思いませんか?
しょせん、中小は中小。カネも規模も商品力もスタッフの能力ももっといえば
社長の力だって大企業とはウンデイの差。端から勝てるわけがない・・・って。

中小が必死に頭絞って頑張ってたまたまそれが上手くいったとしても、
次の瞬間には大企業は規模の力でその上手くいったこととまったく同じことをやってくる。


またまた頭絞ってそれの上をいけたとしても、
それさえもすぐに同じことをされてしまう。つまり体力勝負。負け戦・・・



ああああああ、クソくらえ!
いつまでもグジグジグジみっともねぇ。


どうせ死ぬんなら戦って死ねや。
勝てぬまでもドブネズミの意地でひと噛み位してやれや。
やったろうぜ、やったるよ、やったるよ。
ドブネズミの気合い見せてやるよ。


いつだったか、ある晩突然、僕の中で何かが弾けたんです。

死に物狂いってこういうことだ、と自分で自分がおかしくなるほど死に物狂いでした。
やれることはなんでも全部やってやろうとなにからなにまで準備しました。
僕の積んできた経験のすべてを叩き込みました。


結果・・・MonkeyFlipは負けずにすみました。どんな感じで負けずにすんだのか、

それは当日足を運んでいただいた方だけにこっそりお教えいたしますが


でも、MonkeyFlipはシッカリ負けずにすみました。
よかったぁ。マジでよかったぁ。


僕、ここではじめて告白しますが、負けずにすんだことを確信した日、
ひとりで布団で泣いたんです。っていうか、自律神経が壊れたんでしょう。
知らない間に泣いてたんです。それだけ、長かったんです。

それだけ、怖かったんです。

この僕の経験を、僕が何を考え、どう準備し、
どこを狙い、何をあきらめたのか。

6月26日当日は、そのすべてを包み隠さず話します。

どうぞ、僕の話を聞きにきてください。

あなたが僕と同じ中小である限り、きっとあなたのお役に立てると確信しています。

だって・・・
どんな中小にだって牙はシッカリはえてんですから!
↑ここまで



岸さんらしい熱いメッセージです。
震災から特に大変なご商売もあると思います。
今だからこそお客様とどれだけ絆を作っていたか?
を問われる時代はないのではないだろうか?と僕は感じています。
岸さんが実際に実践されたことも、自分が誰に愛されたいか?
自分が喜んでいただきたいのは誰か?
そしてそれを追求するにはどうすればいいか?だと僕は思っています。
あなたにもこの岸さんの体験と経験を学び、
今できることを学んでいただきたいと思います。



■ このセミナーの内容をホンの一部ご紹介すると

・ 実践者だからこそ言える明日から出来る実践術
・ 岸さんがこっそり教えるマーケティング実践術
・ コアなファンが熱狂するキラーブランド構築法とは?
・ 出版から6年、今だからこそ言えることとは?
・ 岸さんが本当に伝えたい心構えとは?



   セミナーの概要

■ 開催日 2011年 6月26日(日) 

    10:00〜18:00まで

 セミナー終了後 懇親会があります(別途必要)

       講師の先生も参加下さいます。

■ 会場 岡山オルガホール 4階 マウント 

        岡山駅西口から徒歩7分

    岡山国際交流センターのすぐ近くです。

■ 参加費  15000円(税込)


お支払いは、お申し込みの後に、
ファックスまたはメールをお送り致しますので、
指定の口座にお振り込み願います。

■ 講師 モンキーフリップ代表 岸★正龍氏

■ 定員 30名様まで 残り26名様です。

■ 申し込み方法 こちらのフォームでお申し込みいただくか↓

(なかなか開かないことがあるので下記のお申し込み方法もお試し下さいね。)



http://
www.formpro.jp/form.php?fid=50086

 

・お名前
 ・会社名
 ・ご住所
 ・お電話番号
 ・FAX
 ・懇親会の出席の有無
 ・メールアドレス

を書いていただいて kamui123@alpha.ocn.ne.jp まで送信してください。




追伸:今回のセミナーでは明日からすぐに実践できる売上アップ術から
岸さんが提唱されているキラーブランド構築法について、
そして一番大切な実践マインドまで1日をじっくり使って、
大手の安売りに追随するのではない商品作りやお店作りを学んでいただきます。
あなたにお会いできるのを心から楽しみにしています。




                岡山桃太郎ビジネスアカデミー

                      川野 紀行

 
posted by わくわくアトム at 21:09| Comment(0) | セミナーのおしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。