2009年10月25日

たった1枚のはがきでお金をかけずに売上を伸ばす方法3

■ おかげ様でブログランキングが78位まで
上がっていました。ボタンをクリックして下さって
本当に感謝しております。


今回のブログ記事が面白かったって方は↓ぽちっと
ありがとうございます☆感謝


人気ブログランキングへ



 ☆たった1枚のはがきでお金をかけずに売上を伸ばす方法3☆


さて、今日も竹田先生ネタの続きです。
ハガキって慣れて習慣になると別に苦でも何でもないんですが
慣れるまでしんどいという方が多いです。

そういった方「書きたくない」を解消する
6つの症候群と対処法をご紹介します。
(って竹田先生のパクリなので、ぜひ竹田先生の本を読んで勉強されることをオススメします)



■ 手紙シラケ型

症状:怠け者でも面倒くさがりでもないのに、ハガキを書くという行為に対してシラケた気持ちになる

対処法:商品購入の決定権を持つのは100%お客様。それを認識すれば素直な気持ちになれるはず。自分の価値観で全てを見てはいけない。


■ ヘタ字手紙放置症

症状:下手くそな字で字を書くことに恐怖心がある。

対処法:下手ならまず丁寧に書くこと。マス目を利用するなど工夫すること。少々下手な字でも丁寧に書けば読めないことはない。

■ プライド性手紙逃避症

症状:何を書いていいのか、変なことを書いたら相手に笑われるのではないか?と心配し、結局一文字も書けない。

対処法:考えすぎて書けないのなら、事前にモデル文章を考えておこう。いくつもパターンを作っておけば、時間をかけずに書ける様になる。

■ 怠惰性手紙放置症

症状:ハガキに限らず、全てにおいてモノグサ、面倒くさがり。時間はあるのについ怠けてしまいがち。

対処法:強制的に1日のスケジュールに組み込もう。毎朝早めに出社して仕事前に5通書くということを続けていると4週目くらいに成果が出るはず。


■ 時間性手紙放置症

症状:1枚のハガキを書くのに最低15分から20分ほどかかってしまう。この時間が負担になって放置しがち

対処法:時間がかかることが負担になるなら、時間をかけなければいい。1通を5分程度でかけるように100文字以内のコンパクトな内容にすればいい。


■ ウソ字心配症

症状:漢字や言葉を知らずに間違えたら恥ずかしいとハガキを書くことが苦手なる。

対処法:漢字を知らないなら辞書をひけばいいだけ。それが面倒なら平仮名で書こう。200文字以内なら平仮名が多くてもあまり違和感はないものである。


どうでしょうか?
ハガキを書くのにこれだけ例をあげられるとやれるような気になりませんか?下手な字なら、丁寧に書けばいいだけ。時間がかかるなら、字を書く量を減らして、モデル文章を考えておけばいいだけ。時間がないのなら、毎日決まった時間を作ってやればいいだけです。

これだけであなたの顧客戦略がずいぶん進んでいくと思いますよ♪

ハガキコミについて
詳しく勉強してみたいなと思われた方は
「ランチェスター戦略」「竹田陽一」などで検索してみて下さい。



  

■ おかげ様でブログランキングが78位まで
上がっていました。ボタンをクリックして下さって
本当に感謝しております。


今回のブログ記事が面白かったって方は↓ぽちっと
ありがとうございます☆感謝


人気ブログランキングへ


楽しいニュースレターを作ろうよ♪
このブログの目次です。
復習にどうぞ(*⌒∇⌒*)
http://newsletters.seesaa.net/article/116136947.html


☆楽しいニュースレター書こうよ♪メルマガ配信中☆

ブログの内容以外に
オススメ本のコーナーなどありますよ。

魅力的でお客様に愛されるニュースレターが
書けるようになるよ。

おかげ様で10分の1目標達成(*⌒∇⌒*)
本当にありがとうございます♪

目指せ!1000名様 現在165名様購読中
http://www.mag2.com/m/0000266651.html
posted by わくわくアトム at 12:02| Comment(0) | サンキューレターとニュースレター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。