2008年10月21日

3、あいさつ文      あなたのニュースレターを作る目的(創刊号)      次号から季節の挨拶文      自己紹介、あったこと、日常の自分

   3、あいさつ文
      あなたのニュースレターを作る目的(創刊号)
      次号から季節の挨拶文
     ○自己紹介、あったこと、日常の自分



さて、前号までで、創刊挨拶文と次の2号めからの季節の
挨拶文について考えてみました。

今回は、季節のあいさつをした後に
自己紹介や近況報告や普段の自分について
お客様に自己開示をして自分のことを知ってもらうことに
ついて考えていきましょう!!


普段の自分について書いて下さい。
というとどこまで書いたらいいのか分らない。
と言われる方がいらっしゃいます。

目安として、自分でここまで書いちゃっていいのかしら?
ってくらいのことが他人から見たら、ちょうどいいくらいの
ことが多いです。


例えば、夫婦ケンカをして嫁さんに怒られちゃったよ〜。
なんてことも恥ずかしいことですが
ニュースレターに書くにはちょうどいいネタです。

手書きチラシで有名な出村邦彦さんが
「川野さん、儲けたかったら恥をかかないと儲からないよ」
といわれたことがあります。


自分でちょっと恥ずかしいなぁってくらいのことを書いて下さい。

この近況報告、自己紹介、自己開示の部分が
一番ニュースレターの部分でお客様にウケます♪

「あら、川野さんもそんなことあるの?」
「あら、川野さんもあの映画見に行ったの?」
みたいな感じで一番お客様との会話の話題にも上りやすいのです。

この近況報告にもコツがあります。
よくよく考えてみれば芸能人でもない
私達のプライベートをお客様が知りたいわけありませんよね?


だから、素朴にあなたの感情が揺れたことをネタにしていただきたい
と私は思います。


映画を見に行きました。
楽しかったです。


これで終わると全くお客様はどう反応していいか分りませんよね。


映画を見に行きました。
どれを見ようか迷ったのですが
怖いのは嫌だし、楽しそうなのを選びました。
映画もワクワクしたのですが、
チケット売り場のキャラメルポップコーンの
甘い香りに欲しくもないのに買ってしまいました(笑)

って感じで出来事とあなたの感情の揺れをプラスして
書いてみてください。
そうすることによって私のような下手な文章でも
お客様にちゃんと伝わる文章になります。


うまい文章よりもお客様の心に伝わる文章でなければ
意味がありませんよね。

それと自己紹介、自己開示、近況報告する視点として
「僕ってこんなドジだよ」
「私って意外とおちゃめよ」
という視点で書くといいです。

だって、あなたの自慢話をお客様は聞きたくないですよね。
あなたが食いしん坊だったり、恥ずかしかった話などに
お客様は一番楽しんでくれたりするんです。

この視点を忘れないようにして下さいね♪


楽しいニュースレター書こうよ♪メルマガ配信中
目指せ!1000名様 現在80名様購読中
http://www.mag2.com/m/0000266651.html
posted by わくわくアトム at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。